暴力脱獄


監督 スチュアート・ローゼンバーグ
出演 ポール・ニューマン
   ジョージ・ケネディ
公開 1968年

英語タイトルは”Cool Hand Luke”。

評判通り面白い映画でした。刑務所モノはあんまりハズレがありませんな。

若い頃のデニス・ホッパーも出てます。

些末な出来事で刑務所に入る事になった男が刑務所内で徐々に

カリスマ性を帯びていき、母の死をきっかけに脱獄を繰り返すお話。

ポール・ニューマンが魅力的に描かれてるので、それだけでも見れてしまいますが

ポーカー勝負、ゆで卵50コなど名場面が沢山あります。

ルカの福音書など聖書の隠喩が随所に見られますが、

何を表現しようとしていたのかは未だ分からじ。

熟考してみようと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: