Batman Killing Joke / Alan Moore,Brian Bolland


バットマン作品の中でも名作の誉れ高いアラン・ムーア原作の”The Killing”。

それともう一本、これも評価の高い”罪なき市民”を収録。

今回完全版としてフルカラーで再発されました。

ちなみにアラン・ムーアは”Watchmen”,”From Hell”の人です。

ダークナイトの原作案はむしろこっちなんじゃないかと考えてしまう程

バットマンとジョーカーの対比が上手く描けていて非常に文学的なアメコミです。

ジョーカーの誕生については色々な話がありますが、

ティム・バートン版のバットマン第一作の元になったジョーカー誕生話なのかな。

ラスト・ジョークには色々と考えてしまうところがあります。

他のアラン・ムーア作品よりも読みやすいし、コンパクトにまとまっているので

アラン・ムーア作品未見の人でも始めに読むにはいいかもしれません。

難点は話が2話とカバーイラスト集で1890円とちょっとお高いことでしょうか。

でもこれをフルカラーで出した小学館はエライ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: