Bonnie and Clyde

監督 アーサー・ペン
出演 フェイ・ダナウェイ
   ウォーレン・ビーティ
公開 1967年

邦題”俺たちに明日はない”。

大恐慌時代を生きたボニーとクライドのロード・ムービー。

いわゆるアメリカンニューシネマのはしりです。

若きジーン・ハックマンも出演してますね。

ラストシーンが非常に有名な本作ですが、ただの逃走劇に終わらない面白さがあります。

そしてフェイ・ダナウェイが素晴らしくかわいい。

60年代とは思えないナイスセンス。

昔の人が映画からおしゃれを学んだっていうのも頷けます。

この映画に影響を受けて作られたという”ナチュラル・ボーン・キラーズ”を

先に見ていたわけだけど、影響というかそのまんまでしたね。

★★★★☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: