潜水服は蝶の夢を見る

監督 ジュリアン・シュナーベル
出演 マチュー・アマルリック
   エマニュエル・セニエ
   マリ=ジョゼ・クローズ
公開 2008年

脳溢血によって左まぶた以外が全身麻痺となったELLE編集長のお話。

話の元になった方は実在の方のようです。

左まぶたしか動かせないという絶望的な状況にも関わらず

そこまで”麻痺”そのものには悲壮感を強調せず、むしろそれまでの

人生に重きを置いて肉体に閉じ込められた精神の自由を描きます。

全身麻痺の状態でも希望を捨てずに生きていられるのはひとえに周囲の愛情が

あってこそなのでしょう。ただの泣ける映画に終わらず

人間の持つイマジネーションの素晴らしさを描ききった監督の手腕に感心しました。

色々と賞をとっているというのも納得の一本。★★★★☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: