Whatever Happened to the Man of Tomorrow?


原作アラン・ムーア、作画カート・スワンによるスーパーマン・ザ・ラストエビソード。

いつ廃刊になるやもしれぬアメコミのため勢いで購入。

Twitterでもつぶやいてしまいましたが、にわかアメコミファンの私には

イマイチ乗りきれませんでした。

いわゆるDCユニバースで繰り広げられるスーパーマンの最終話なんですが、

それまでのスーパーマンを良く知っている人であればグッとくるのかも。

スーパーマンファンからすると何を言ってるんだと怒られそうですが、
画風もオーソドックスなアメコミのそれであるため

なんだか軽い感じでポンポン進んで重みが無く、重要キャラが死んでも

あれ?今もしかしてホントに死んだ?ってあんまり悲しみも無く。

ちょっと残念な感じでした。

方々で評価を見るにつれ、マニア向けの作品なのかなと。
一緒に発売になったBatmanの方も気になりますが

どんな絵なのか見てみないと…。

バットマンの死をジョーカーなどの歴代の宿敵が語るって設定は面白そうだけど、

アメコミはちょっと休憩かしらん。

あ、でも既に廃刊になったムーア先生のThe League of Extraordinary Gentlemenは読みたいなぁ。

映画のリーグオブレジェンドはダメダメだったけど。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: