Bitches Brew / Miles Davis

ここ最近良く聞いているBitches Brew。

いわゆるエレクトリック・マイルスと呼ばれる時代の作品。

マイルス・デイビスはうまちゃんが詳しいのであまり難しいことは書きませんが、

この年代のマイルスはやはりスバラシイ。

しっかりと音の奥にファンクネスが潜んでいて、

深く、重く、響きます。

驚いたのがこのアルバムがKind Of Blueと同じ程度売れたということ。

表題曲は27分もあるし、まったく一般受けしそうもないのに

それが理解されてるところがジャズシーンの懐の深さなんでしょうか。

こういうアルバムはちゃんとレコードで聞くのがいいかもしれない。

★★★★★

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: