Honeymoon at Fiji Chapter.1 [のりもののこと]

新婚旅行の大定番、フィジーへのグレート・エスケープに行ってきました。

今回利用したのは大韓航空。

初めて大韓航空を利用しましたが、これはちょっとなめてました。

成田→仁川(インチョン)間(約2時間)がかなり良い飛行機で、映画も充実してるし

機内食も美味しい。CAも日本語出来る人が多いしカワイイ。

期待していたキムチこそ出てこなかったものの、ビビンバが美味しかった。

仁川→Nadi間(約10時間)でモニターが無いのが難点でしたが…。

仁川空港は国際ハブ空港を目指しているというだけあって充実の設備。

仮眠スペース、ラウンジ等一晩過ごしても疲れないようになってます。

何より凄いのは免税店の数。タイ空港も広かったけど、仁川もまた広い。

丁度セールをやっていたからなのか、日本からの女性客がとても多い印象。

みなさん目がギラリと輝いておりました。

シャネル、プラダ、グッチなどが軒を連ねていて、化粧品も中々充実していたようです。

ジュリークまで置いてあったのはちょっと驚き。

これは羽田レベルでは厳しいかもしれません。

10時間の長旅を経てNadi空港からホテルまではヘリで移動します。

フェリーだと約2時間の行程が15分くらい。

パイロットのお兄さんがフレンドリーな感じで、機内ではフィジーのFMがかかっています。

目的の島を回り込んで着陸するわけですが、この回り込む時の感じが

フルメタルジャケットのあの感じに似ていて一人で興奮。

「逃げる奴はベトコンだ! 逃げない奴はよく訓練されたベトコンだ!」

他にも水上飛行機という選択肢もあったようですが、

フワリと飛び立つ感じが楽しいのでヘリコプターがオススメです。

と、ここまでの長旅を終えてホテル着。

場所はフィジー沖ママヌザ諸島の北。トコリキアイランド。

フィジーは小さい島が多いので、島にホテルが一つだけというリゾートも結構あるようです。

トコリキは島にホテルが2つ。あとはホテルスタッフの家があるのみ。

この島からスノーケリングスポット等への移動は小型ボートになります。

アクティビティでシーカヤックもあるので、もしかしてカヤックで

島間を渡り歩いても良かったのかもしれない。

移動で2日も使ってしまうので勿体ないと言えば勿体ないのだけれども、

そのようにして初の南半球でのバカンスが始まるのであった。

To be continued…。

Advertisements

2 thoughts on “Honeymoon at Fiji Chapter.1 [のりもののこと]

  1. お帰りなさい。
    まずは無事で何よりです。

    ヘリ良いな〜乗ってみたい。

    旅行記楽しみにしてます。

    • どうもどうも。

      おかげさまで無事帰ってきました。
      ゴーコンも活躍してくれましたよ。

      毎日のんべんだらりとしていただけなので、大した旅行記ではありませんが
      記録として書いておきます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: