Honeymoon at Fiji Chapter.2 [ホテルのこと]

今回お世話になったホテルTokoriki Island Resort

“ブレ”と呼ばれるコテージのような34の部屋からなる中規模のホテルリゾートです。

ヨーロッパ、オーストラリアからの宿泊客が多く、あまり日本人を見かけることはありません。

(何故かこのホテル、イタリア人の割合が結構多い。遠いのになんでだろう)

やはりハネムーン、フルムーンで訪れた品の良い方々が宿泊されており

小さい子供は泊まれないので、静かにゆっくり過ごせます。

リゾートとはいえ、みなさん流石に洗練されており、

ちゃんとレストラン用のシャツを持って行かなかったことを激しく後悔した次第。

ブレの目の前は海。数十歩で海に突撃可能。

デッキチェア、ハンモックが各ブレについており、昼間は外で昼寝をしてみたり

暑かったら海で泳いだり、浜辺を散歩したりと、割と飽きずにだらりとのんびり過ごせます。

レストランとバーは一つずつあるものの、

他に何があるっていうわけでもないホテル。

それでもフィジーの自然を活かしたアクティビティを毎日やっていて、

うまいこと工夫して楽しめるようになっています。

レストランのメニューも毎日ちょっとずつ変わるし、BBQの日もあったりして食事も楽しみになるのです。

一番嬉しかったのは毎日16:00にある”おやつタイム”。無料でケーキとお茶を頂けるのですが

このちょっとした気遣いが凄く嬉しい。この辺りの話は長くなるのでまた後日。

ホテルのインフィニティプール。結構人気。ちょっと前から流行ってますね。

このホテルの一番の特徴はそのホスピタリティにあると思いますが、

この話も長くなるのでまた後日。

アマンリゾートなんかの巨大資本が入っているホテルと比べると

設備は劣るかもしれませんが、もう一度行きたいと思わせる魅力があるホテルです。

ホテルスタッフの名前を覚えたのは初めてかもしれない。

毎日誰かが訪れて、誰かが去るわけですが、

その度に歌を歌って歓迎、送迎してくれて、私が帰る時にはちょっと泣きそうになりましたよ。

旅行の最終日はシェラトンに泊まりましたが、こっちは特筆することは別になく…。

いいホテルなんでしょうけど、Tokoriki Island Resortの良さが際立った感じで。

食事はおいしかったけど。

なんだかショッピング・モールみたいなホテルだったな。

To be continued…

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: