ほえる犬は噛まない

監督 ポン・ジュノ
出演 ペ・ドゥナ
   イ・ソンジェ
   ピョン・ヒボン
公開 2001年
原題 フランダースの犬

ポン・ジュノの長編デビュー作。

郊外の団地で起きた連続ペット犬失踪事件とそれを巡る住人達を描いたコメディ。

“殺人の追憶”や”母なる証明”とは大分タッチが異なりますが、これも面白かった。

でもストーリーの意味性について考え始めるとわけがわからなくなりそうなので

誰かに解説してもらいたい。ユリイカ買おうかな。

近代化する韓国郊外の団地と、いまだに残る旧態然とした文化(ここでは犬食)の

描き方が素晴らしく巧みで、ポン・ジュノの演出力の高さを思い知らされました。

ただしこの映画、多少犬好きにはハラハラする場面があるので、

愛犬家の方は見ていられないという人もいるようです。

(犬鍋好きのオジさんが出てきます)

もう一つ本作の魅力はペ・ドゥナ。

“空気人形”でやたらと騒がれていたのが何でか分かりませんでしたが、

この映画で初めてペ・ドゥナ、カワイイと思いましたよ。

演技もちゃんとできるし。

グエムルの時より良かった。

★★★★☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: