キャタピラー

監督 若松孝二
出演 寺島しのぶ
   大西信満
公開 2010年

公開前から何かと話題になっていたこの映画。

ヤマサキ氏に誘われて渋谷の映画館に見に行ってきました。

あまり客の入りは芳しくなく、中高年層が多い感じでした。

戦争で四肢を無くし、耳も言葉も不自由になり”軍神”という形で帰ってきた夫を

寺島しのぶが演じる妻が戦争終結まで面倒を見るお話。

若松監督はどうも反戦映画としてこの映画を作成したようですが、

妻と夫の関係性にフォーカスをした方が面白かったような気がします。

テーマがテーマだけになんだかタブー感があるし批判はしずらいのですが…。

というのも、この四肢を無くして芋虫となった夫、久蔵は戦時中散々悪さを働き、

更に戦争前には妻にも暴力を振るい、帰ってきたら帰ってきたで

食欲と性欲だけが旺盛な”軍神様”になっていて、

どう考えても戦争が悪いというか久蔵が悪いようにしか見えない。

久蔵を妻がいじめる話にした方がより深い人間性を描写と思います。

途中途中で挟み込まれる反戦メッセージ的な演出もなんだかなぁという感じだし、

何よりエンディングの元ちとせのテーマ曲が…。

ウムム….。

が、しかし、ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した

寺島しのぶの演技はスバラシイ。

圧倒的な女優魂を見せつけられました。

それと、戦時中の日本の牧歌的な村の風景描写はなんだか良かったな。

その辺りは見る価値があると思います。

★★★☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: