悪霊の島(上・下) / スティーブン・キング

2009年刊行の久々のキングの長編であり、

キングの原点であるホラーに正面から向かった本作。

事故で片腕を失った男エドガーが、フロリダの孤島デュマ・キーに移り住み

絵を描く才能が開花。

自然と筆が描き出す少女と島にまつわる陰惨な過去を巡るお話です。

話の前段がいつものキング作品より長く、

じわじわと不気味な雰囲気は漂うものの

上巻は正直退屈で挫折しそうになりましたが

下巻にはいると一気に読めてしまいます。

そこからはいつものキング節。畳み込むような展開は先へ先へ前のめりの展開で

あー久しぶりにキング作品読んでるなぁという感じ。

洋書では出てる”ドーム”も面白そうだし

またキング作品読みはじめようかな。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: