Burn After Reading

 

監督 イーサン・コーエン
   ジョエル・コーエン
出演 ジョージ・クルーニー
   フランシス・マクドーマンド
   ブラッド・ピット
   ジョン・マルコヴィッチ
   ティルダ・スウィントン
公開 2008年

バーバー以来のコーエン兄弟によるオリジナル脚本。

例によってちょっとした不幸の連鎖で人間関係がこじれて

どんどんややこしい展開になっていくというお話。

コーエン兄弟節が炸裂しているといえばそうなんだけど、

今回はなんだかどこに向かっているのかボンヤリしてたし

話をややこしくし過ぎでイマイチ乗り切れず。

ファーゴにあったような悲壮感があればもうちょっと違ったのかも。

そもそも役者陣が蒼々たる顔ぶれなので

その演技だけでも面白いし、チョイチョイ挿入される

コーエン兄弟的なジョーク(下ネタが多い)も僕は好きでした。

ただこれを”おバカ”と表現する広告が多かったのはどうなのか…。

“おバカ”という言葉が嫌いなだけかもしれないけど、なんか違くないかな。

巷の評判の通り、あまり人にお勧めはしませんが

コーエン兄弟ファンなら見ておいてもいいんじゃないでしょうか。

★★★☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: