どつぼ超然 / 町田康

これから読む本。嫁様が買ってきました。

あらすじはこんな感じ。(from Amazon)

明るすぎるし、見晴らしがよすぎる。どうも死ににくい。

飄然から超然へ。世界を睥睨する町田文学の新境地。

まぁなんのことやら分かりませんね。

今回は時代小説ではなく舞台は現代でデビュー作”くっすん大黒”なんかに

近い作風だとか。(嫁様談)

町田先生の”告白”、”宿屋めぐり”はオレ文学史の中で屈指の名作なので

今回の小説も楽しみ。

町田文学は文体が独特なので好き嫌いあるかもしれませんが、

一度慣れてしまうとその語り口が本当に面白いし、

内容も小さい人間を通して人間の性、輪廻(カルマ)を上手く描いてたりして

オススメできる小説がたくさんあります。

きっとまた今回もベリークールな話なんでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: