センチメンタルな旅・冬の旅 / 荒木 経惟

泣いた。

不覚にも写真集で泣くとは…。

引越し祝いにマイメンN橋君から頂いてしまったアラーキーの写真集。

愛妻・陽子さんとの新婚旅行、入院されてから亡くなるまでをじっと写し撮った”私写真集”。

元々出版されていた”センチメンタルな旅”と”冬の旅”から抜粋した写真で構成された本のようです。

“私写真集”というだけあって、極めて私小説に近い(と思う)内容で

心に訴えかけるものがありました。

写っている写真自体も良いのだけれど、ビックリしたのが全体の構成。

アラーキーの心の動きが凄く良く見える様です。上手すぎる。

全体の写真の中で、かなりの割合で愛猫のチロの写真が挿入されているのですが、

このチロの超然とした立ち姿が、そこかしこに出てくるのも余計に無常観を煽ります。

そしてチロが写り込んでいるからこそ、陽子さんが亡くなった後でも

ほんの僅かな生きるための光みたいなのが見え隠れしているような気がしてなりません。

感服です。

これは良い写真集を頂きました。

N橋さん、いつもながらアリガトウ。

そしてアラーキーってやっぱり凄いんですね。

え?知ってるって?

Advertisements

2 thoughts on “センチメンタルな旅・冬の旅 / 荒木 経惟

  1. 泣けるよね。

    学生時代は良い写真集だな〜程度だったけど、
    年ですかね。良くも悪くも。

    • 良かったよ!感動しました。
      もちろんテクニックもあるんだろうけど、それを感じさせない写真っていうのがまたスゴイ。

      読み返すのに覚悟がいる写真集だけど、見ておくべき写真集でした。
      流石のナイスチョイス。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: