Goemon

監督 紀里谷和明
出演 江口洋介
   大沢たかお
   広末涼子
公開 2009年

戦国時代をパラレルワールドとしてCG満載で描いたこの映画、

紀里谷監督の前作キャシャーンと同じような世界観なのかなぁという感じ。

やりたい事はなんとなく分かるし、ゲームっぽい世界観も個人的には嫌いではありません。

ただなんか発想が中二っぽいというか、全く話に深みがないし

演出も表層的で詰めが甘すぎる印象です。

気になったのは、やたら印象的に登場したキャラクターが

その後全く出てこなくなるという謎の脚本。

子どもとか、悪そうな役人とか、テレビ用にカットされてたのかな。

それにCG。あまりにも実写とのギャップがありすぎて気持ち悪い。

走っているシーンに至ってはもはやギャグっぽい。

折角の世界観もCGっぽさを誤摩化すための演出に見えてしまいます。

(その意図も多分にあると思うけど)

紀里谷監督は衣装とかちょっとしたアイデア出しとかで

他の監督の映画に協力したらいい仕事するんじゃなかろうか。

★★☆☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: