Psycho

監督 アルフレッド・ヒッチコック
出演 アンソニー・パーキンス
   ジャネット・リー
公開 1960年

サイコスリラーの元祖。古典過ぎて今更ですが初見です。

前半はクライムサスペンス、後半は謎解きサスペンスで

物語の主眼が切り替わる手法も面白いし、後の様々な映画への影響が

もの凄く大きい事が見て取れる映画でした。

なんかちゃんとしてるなーという感じ。

もはや陳腐化する程パロディーにもなった映画なので

今見ると笑ってしまうシーンも結構多いんですが、

それでも当時はかなり衝撃的な映画だったんでしょうね。

脚本に無駄が無いし、何より心理的にしっかりドキドキするように作られてて

飽きずに最後まで見てしまいました。

実はヒッチコックの映画ってあんまり見てないんですが

これは色々と見る必要がありそうですぞ…。

★★★★☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: