Up In The Air

監督 ジェイソン・ライトマン
出演 ジョージ・クルーニー
   ヴェラ・ファーミガ
   アナ・ケンドリック
公開 2010年
邦題 マイレージ、マイライフ

企業のリストラ宣告を請け負い、年間322日が出張のライアン・ビンガム。

旅先で出会った同じような境遇のアレックスと大人の関係を続けているところに、

本社から新人のOJTを任されるが…というお話。

面白かったです。そこまで期待していなかったというのもありますが

脚本が素晴らしく良く出来てました。

一歩間違えるとお寒い映画になりそうなテーマなんですが、

そこを上手くすり抜けてラストまで余韻を残す抜群のセンスの良さ。

時代の流れの変化、世代交代についても触れていますが、

明確に答えを出さないところが好感触でした。

出張が話の骨子なので、当然空港のシーンが沢山あるわけですが、

スーツケースの詰め方、イミグレーションの通り方なんかは

普通に関心してしまいました。

自宅までホテルのように整然としているあのスタイルには少し憧れが…。

ただシンプルに生きるのは端から見ているとスタイリッシュで

楽しそうにも見えるけど、その実どうなんだろうか、

今この映画を見て刺さる人結構いると思うんだけどな。

ただ、途中途中に入る挿入歌みたいなのは余計だったかしらん。

★★★★1/2

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: