悪人

監督 李相日
出演 妻夫木聡
   深津絵里
   満島ひかり
   柄本明
   樹木希林
公開 2010年

流石朝日新聞で連載していただけあって、

世相の切り取り方が見事で、映画でも細かい小道具、演出に手を抜かずに

リアルに作り込まれていました。

特に魚関係の描写が絶妙に気色悪い感じで良かったです。

小説は未読なので分かりませんが、

妻夫木君が本当に心ない極悪人で、もう救いようのない映画だと思っていたため

あれ?あれ?と思っている間に終わってしまいました。

(”黒い家”の大竹しのぶを引っ張っているのかも…)

それでも言いたいことは分かります。

現代の問題をきちんと切り取っているとも思います、

でも「この人、人殺してるしなぁ、悪いと思うんだけどなぁ、

いやでも周りが悪いっていうのも分かりますけど、それでもなぁ…」っていうのが

ずっとつきまとってしまい、なんだかノリきれず。

あ、でも満島ひかりの演技は素晴らしかったです。

映画を見るタイミングによって評価が変わりそうな気もしますが

今のところ★★★☆☆で。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: