A Single Man

監督 トム・フォード
出演 コリン・ファース
___ジュリアン・ムーア
___ニコラス・ホルト
公開 2010年

1962年を舞台にした自殺願望のあるゲイのお話。(ちょっと乱暴か…。)

監督は元グッチ・グループのクリエイティブ・ディレクター、トム・フォード。

これが初監督作品です。

もちろん、と言っていいと思いますが、衣装、インテリアがずば抜けて良い。

トム・フォードがデザインしたのはコリン・ファースとニコラス・ホルトだけだそうですが

その他出てくる人々も60年代なんだけど、微妙にモダナイズされていて

どのシーンを切り取ってもファッション紙になりそうな絵作りです。

コリン・ファースの住む家も素敵。フランク・ロイド・ライトの弟子が立てた家で

“ガラスの家”という現存する建築。

映画の演出にもトム・フォードの美意識は反映されていて、

コリン・ファースが喜びを感じた時に、うっすら画面が色付くんですが、

それがわざとらしくなく、繊細で上品な演出だと思います。

ストーリーも素晴らしいし、ありがちなオシャレ映画で終わってません。

トム・フォード恐るべし…。

★★★★☆

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: