REC

監督 ジャウマ・バラゲロ
   パコ・プラサ
出演 マニュエラ・ヴェラスコ
   フェラン・テラッサ
公開 2008年

ちょっと前の映画ですが、その筋ではそこそこ評判が良かったので見てみました。

スペイン産のモキュメンタリー。

ブレア・ウィッチ・プロジェクトとかクローバー・フィールドみたいな撮影方法で

画面がブレ過ぎて見づらい…。

少ないバジェットをカバーするにはいい方法なのかもしれませんが。

85分という短い時間でコンパクトにまとまってるし、

この手の映画のセオリーも守りつつ、新しい手法も取り入れてる。

閉じられた空間での話で、閉塞感もあり、展開も凄く早いので

退屈せずに一気にラストまで進みます。

最後の方に”感染”の原因を示唆する親切設計もあまり見ない展開ですね。

観賞後に何か余韻を残すタイプの映画では全然ありませんが、

アトラクション的に見る分には面白い映画だと思います。

ただハンディカムの映像ががちょっとな…。

★★★と半分☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: