借りぐらしのアリエッティ

監督 米林宏昌
声の出演 志田未来
     神木隆之介
     大竹しのぶ
     竹下景子
公開 2010年

宮崎老人は今回脚本で参加。

今後のジブリ作品はこんな風な作品が増えるのかもしれません。

ナウシカ、ラピュタなどなどと比べると作品の規模はこじんまりしていて(そもそも小人の話だし)

派手さはないものの、静かで安定感のある良作で楽しめました。

なにしろ小人世界の作り込みが面白くて、導入部分のワクワク感は良かったし、

アニメーションも安心してみていられるクオリティです。

今時外注に頼らないアニメ制作会社ってジブリくらいなんじゃないでしょうか。

ただ、ストーリーの起伏があまり無く、全体的にのっぺりとした印象も。

それと家政婦の「なんでそんなことするの?」的な悪意が最後まで残ってしまい、

世の中そんなもんと言ってしまえばそうなんだけど、なんだかジブリっぽくないなぁと思いました。

その辺りの描き方は今やPixerとかDream Worksの方が上手くなってしまったのかも。

ちょっと控えめでしたけど、ジブリ作品が得意な夏の感じもあるし

なかなか面白かったです。

★★★と半分☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: