Norwegian Wood

監督 トラン・アン・ユン
出演 松山ケンイチ
   菊地凛子
   水原希子
公開 2011年
邦題 ノルウェイの森

村上春樹の小説はだいたい読んでいて、ノルウェイの森も10年位前に読んでます。

小説は良く出来た話だと思うし、嫌いではありませんが、

あの独特のセリフ回しを実写で見たら、何か違和感があるんじゃないかと思って

ちょっと映画を見るのが怖かったんですが、

案の定・なんか・変。

小説で読んでいるときは世界観にはまりこんでいるいるからなのか、

あまり気になりませんでしたが、映像化されるとそのセリフの破壊力たるや凄まじいものがあって、

「勃起しているかといえば、もちろんしている」

なんてパンチライン出されたら笑いますよ、普通。

他にも度々そんなセリフで違和感が。

でも映像はとても綺麗。特に砥峰高原のシーンは素晴らしく行ってみたくなったし、

70年代の小道具、衣装も高いレベルで再現していて細かいところまで目が行き届いています。

でも実際はもっとダサかったんじゃないかって気がしなくもないですが。

肝心のストーリーも喪失感と再生への兆しという物語の根幹の印象が何故だかちょっと薄い。

その分全体のイメージは分かりやすいと言えば分かりやすい。

そんな印象です。

やれやれ。

★★★☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: