Splice

監督 ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演 エイドリアン・ブロディ
   サラ・ポーリー
公開 2011年

製作総指揮ギレルモ・デルトロ。監督のヴィンチェンゾ・ナタリはキューブの人ですね。

恋人同士の天才科学者2人が人間と動物の遺伝子を合成(スプライス)させて新種の生命体を作り出すお話。

B級SFホラーにカテゴライズされちゃうんでしょうが、

その枠の中だけにとどまらない佳作、異色作です。

エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリーもさすがのイイ仕事で、

この手の映画との相性の良さはバツグン。

そしてなんと言っても、オレ映画史上最高にキモいクリーチャー、ジンジャー&フレッドが登場します。

ギレルモ・デルトロが監修しているだけあって、モザイクが必要なレベルのキモさ。

なんか肉の気持ち悪さが最高に上手く表現できてるっていうか….

浮き出る血管! ヌラリとした皮膚!! 臭そうな体液!!!

これを見るためだけにこの映画を見てもいいくらいです。

この手の映画だと似た感じでスピーシーズという映画がありましたが、

スピーシーズみたいに、ただのホラーで終わらせるのではなく、

子育ての難しさ、怖さみたいなものも上手く取り入得れていて、

育児に失敗してヒステリーを起こす母親の演出は特に上手かった。

ラストにかけての展開も、この上さらにそこまでやるかという

畳み掛ける展開で最後まで一気にダレることなく進みます。

このありがちなストーリーをここまで面白く魅せるっていうのはナカナカスゴい。

★★★★と半分

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: