Black Swan

監督 ダーレン・アロノフスキー
出演 ナタリー・ポートマン
   ヴァンサン・カッセル
   ミラ・キュニス
公開 2011年

やっと見ました。ブラックスワン。

主演のナタリー・ポートマンはアカデミー賞主演女優賞。

兼ねてから色んな映画のサンプリングだと言われ、

特に今敏監督のパーフェクト・ブルーとの類似点が指摘されていましたが、

全体を通して見るとパクリ、というほどのものではなく、これはこれできちんと一つの映画になってると思います。

確かにアイディアは一緒なんでしょうけど。

サスペンスとしての面白さもあるし、ナタリー・ポートマンの心理的葛藤のドラマとしても

一流の面白さがあります。映像は手ぶれを多用した一見チープに見える撮影方法なんですが、

よくよく見ると細かいところで実は非常に手の込んだ演出がされていて、

多分DVDなんかで見返した時に初めて気づく点が沢山ありそう。

とは言え一番の見所はナタリー・ポートマンの体作りと演技でしょう。

才女キャラから脱皮できないでいたナタリー・ポートマンと主人公ニナの境遇が一致していることもあって

まさにハマリ役。レスラーのミッキー・ロークもそうでしたが、

ダーレン・アロノフスキーの神がかったキャスティングが前作同様素晴らしい。

全体的にすごくシンプルな感じなんですが、一本太いドラマを見せてもらいました。

★★★★と半分かな。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: