Soul Kitchen

監督 ファティ・アキン
出演 アダム・ボウスドウコス
   モーリッツ・ブライブトロイ
   ビロル・ユーネル
公開 2011年

ドイツで製作されたコメディ映画。

場末のレストランのオーナー、ジノスさんが奮闘する話。

なんとなくトレインスポッティング的なポップな印象。

劇中に出てくるアル中のコック、ウェイトレスのカワイイ女の子がとても魅力的だったので

もうちょっと活躍してほしかったな。

全体的に軽い感じでサクッと見ることができる作品ではありましたが

話の緩急もボンヤリしてしまって、物語上カタルシスを演出するところが

アッサリと飛んでしまってる始末。

他にもご都合主義的というか、過程が不明なところが数カ所あって

気になるというか、話に入り込めず、

実はこのレストラン元々そんなに困ってなかったんじゃないか…?という疑問も。

そもそもどの辺りがソウルなのかがよく分かりませんでした。

音楽は悪くないんだけど、必然性がないとうかなんというか。

もうちょっとどうにかなったんじゃないかな…。

★★★☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: