Down by Law

監督 ジム・ジャームッシュ
出演 トム・ウェイツ
   ジョン・ルーリー
   ロベルト・ベニーニ
公開 1986年

down by lawっていうのはスラングで、”仲のいい兄弟っぽい関係”らしいです。

諸々の事情で刑務所に入った3人が脱獄する道中の話。

もともとジム・ジャームッシュはミニシアター系の監督という認識はありましたが、

これはモロにその作風が出てるシュールな笑いを中心とした作品。

微妙なコミュニケーションの間だとか、言葉のやり取りが面白いんですが、

なんだか散漫な印象で集中できず。

同じような脱獄ものだったらコーエン兄弟のオーブラザーの方が好きかな。

なんですかね、ナイト・オン・ザ・プラネットなんかは凄く好きなんだけど、

あまりにも説明が無く都合よくストーリーが展開していってしまうので

おいてかれてる感じがしてしまって…。

まぁそこは見るべきところじゃないっていうのは分からなくもないんですが。

トム・ウェイツの歌は良かったな。

★★☆☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: