Contagion

監督 スティーブン・ソダーバーグ
出演 マリオン・コティヤール
   マット・デイモン
   ローレンス・フィッシュバーン
   ジュード・ロウ
   グウィネス・パルトロー
   ケイト・ウィンスレット
公開 2011年

地球規模で広がる強毒性の感染症とそれに立ち向かう人たちを描いたディザスタームービー。

渋谷で見てきました。平日だったからなのかあまり人は入っておらず。

今は木曜メンズデーなんていうのもあるんですね。知らなかった。

行ったの金曜日だけど。

パンデミック映画と言えばアウトブレイクなんかが有名ですが、

コンテイジョンは派手なアクションがある訳でもなく、映画的なスゴい盛り上げ方をするわけでもなく

淡々と感染症が広がって行く様子を描き出します。

ただ、豚インフル騒ぎを経験していると、そこがとても怖い。

特にオープニングでドアノブのアップやらバーカウンターのピーナッツ、クレジットカードなんかの

日常的に複数の人が触れるものをアップで撮っていくんですが、

これがもの凄く怖い。映画館を出る時にはどこも触りたくなくなるし、

家に帰ってすぐ手を洗いたくなります。

電車とかね、咳してる人がいると本当にイヤになる。

潔癖性の人が見たらトラウマになりそうです。

致死率が20%っていうところもまたリアルで、エボラ出血熱みたく90%が死亡するような

ウィルスだと世界的に流行することも無いし、ホストが皆死ぬから広まることも無い。

20%っていう数字は絶妙です。感染源が香港っていうのもいかにもありそう。

俳優も超有名どころが揃っていて、白眉は社会派ブロガー役で出演しているジュード・ロウ。

恐らくあえて歯並びを悪くしてるんだと思いますが、そのネズミ男的な姑息な佇まいが良かった。

それにこの煽動的キャラクターは震災後の日本にいると、非常に身近な問題として考えさせられるものがありました。

もともと感染症ものは好きなのでひいき目に見てしまうところもありますが、

近年のこの手の映画ではかなり面白いんじゃないでしょうか。

★★★★☆

感染症ものといえばスティーブン・キングのザ・スタンドも名作。

最後は感染症っていうかアレなところもありますが…。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: