Super

監督 ジェームズ・ガン
出演 レイン・ウィルソン
   エレン・ペイジ
   リヴ・タイラー
   ケヴィン・ベーコン
公開 2010年

非常に低予算で作られたわりにはエレン・ペイジ、ケヴィン・ベーコンなど

ツボをついた人が出てるブラックコメディ。

キック・アスと比較されることが多い本作ですが、描写がより過激に、内容もより深く、

素人がヒーローをやるというのはどういうことかを突き詰めていて、

全く本質が異なる映画でした。

基本はコメディなんだけど、後半に近づくにつれて笑うに笑えない展開になっていきます。

キック・アスみたいにアノシーンをもう一回見たい、と思うようなスタイリッシュなアクションシーンなんかは

特に無く、そこにあるのは自警団の狂気と生々しい暴力。

ジェームズ・ガンはもともと日本で言うところのピンク映画みたいな映画を撮っていた監督なのでm

グロ描写も結構容赦ありません。

エレン・ペイジもインセプションなんかでのおとなしい演技とはまるで違って、

大竹しのぶバリの狂人ぶりを発揮していました。

サイドキックのボルティー役としてはピッタリです。

ラストも面白い結末で、ただ単にコメディとしては終わらない、

考えさせられる映画でありました。

★★★★★

Advertisements

2 thoughts on “Super

  1. え!これもうDVDになってるの?
    買おうかな。
    この映画、好きだとか言っていたら、そういうのは余り言わない方がいいと
    言われたことがあります。。。

    • 出たばっかりだよ。
      大変面白いと思うけど、女子受けしそうもない、
      むしろ女子はダメそうな映画だよね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: