CSI: Grave Danger

CSIシーズン5の最終回を何故かタランティーノが監督していて、

タランティーノファンの間では割と有名な作品。

この話以外、CSIは全く見たことがないので、普段の話と比べてどうなのかは分かりませんが、

やはり設定が決められているだけにタランティーノ色は薄め。

それでもポツンと置いてある腸とか、カウボーイハットをかぶった弁護士とか

ニヤリとするようなシーンもないではない、感じ。

犯人が考えた拷問もヒネリが効いてるし。

2時間でこの密度でこのストーリーは面白かったです。

ただ主要人物のキャラ設定からすると、普段CSI見てる人は気に入らないような気がする。

なんとなく。

タランティーノファンだったら見ておいてもいいんじゃないでしょうか。

★★★☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: