永遠のこどもたち

監督 J・A・バヨナ
出演 ベレン・ルエダ
公開 2008年
原題 El Orfanato

ギレルモ・デル・トロが監督、と思いきや製作総指揮だったというこの映画。

パンズ・ラビリンスのすぐ後に作られた話で、孤児院を開こうとしている夫婦と

その子どもが事件に巻き込まれて…というストーリー。

孤児院ものというと”エスター”を思い出しますが、この映画も同じように

くらーい雰囲気で、ギレルモ・デル・トロが絡んでいるだけあって、覆面のデザインや

小道具が絶妙に不気味で良かったですね。

全く予備知識無しに見てみましたが、構成もよくできているし、

どこに向かうのかよく分からなくなる展開も好きな感じ。

ただパンズ・ラビリンスに続くあのオチはなぁ…。

いいんだけどなぁ…。

★★★☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: