共犯者 / 山崎永幸

奥様が図書館で借りて来たのを読みました。

埼玉の愛犬家殺人事件の共犯者とされた著者が書いた(と、される)ノンフィクション。

読了した今でもこれがノンフィクションというがちょっと信じられない。

元々映画「冷たい熱帯魚」の原作と言われている時点で興味はあったんですが、

映画的な脚色を加えなくても十分凄まじい内容で、むしろ映画の方が霞むくらいでした。

本当にあった事件だから当たり前なんだけど、このいかにも日常にありそうなリアルな感じが

どこにでも潜んでいる恐怖に改めて気付かされてハッとします。

ゴーストライターがいると言われているだけあって、

異常にスムーズに一気に読めてしまうので、冷たい熱帯魚が好きな人は読んでみるといいと思います。

冷たい熱帯魚のでんでんのトラウマ設定にあまり納得がいっていなかったので、

僕はこの「共犯者」の方がよく出来てると思いましたよ。

ちなみにもう絶版なので、図書館で借りるか

高額で中古を買うしかないのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: