監督 ジョン・ウェルズ
出演 ベン・アフレック
   クリス・クーパー
   ケビン・コスナー
   トミー・リー・ジョーンズ
公開 2011年

リーマンショック以降、株価操作による企業合併を防ぐために大量のリストラを余儀なくされた

造船に関わる巨大コングロマリットで働く人たちの話。

キャストこそ豪華ですが、内容は社会派ドラマ。

同じサラリーマンとして興味深い話だし、アメリカのエリートの生活、失業した場合の生活が

恐らくリアルに描かれていて、細かい生活感の描写も面白い映画でした。

こういう映画って、イメージ的になんか説教臭い感じで終わることが多い気がしていて

ちょっとニガテなんですが、これは割とうまい着地の仕方で良かったですね。

ベン・アフレックのセコイくてバカっぽい感じも良かった。

今の日本だとシャレにならないところもありますが、

サラリーマンなら見ておいてもいい一本だと思います。

★★★★☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: