スーパーバッド 童貞ウォーズ

監督 グレッグ・モットーラ
出演 ジョナ・ヒル
   マイケル・セラ
   クリストファー・ミンツ=プラッセ
公開 2007年
原題 Superbad

女子生徒との初体験を目指して頑張る3人の童貞の話。

監督は宇宙人ポールのグレッグ・モットーラ。

キックアスのレッドミストも出てます。

多分ビールを飲みながら男友達大勢と映画館で見る、というのがこの映画を見る場合の

正しいスタイルだと思います。

と、いうくらいバカバカしい映画なんだけど、そこはグレッグ・モットーラらしく

しっかり青春友情ムービーにもなってます。

セス・ローゲンは今まで見た中で一番生き生きしてたな。

メインが下ネタなので、ダメな人はダメだと思いますが、

見るタイミングが合えば楽しい映画だと思います。

特にエンドロール。

最高に下らないんだけど、まぁ面白いですよね。

ちょっとやり過ぎて方向性ブレたかなぁ…みたいなとこもあるけど。

★★★☆☆

Advertisements

2 thoughts on “スーパーバッド 童貞ウォーズ

  1. 大きな声で言えませんが、私も観た…。
    女の子達も女優っぽすぎなくって、妙にリアルでいい。
    セス・ローゲンの自叙伝なんでは…と思ってしまったけどどうなんだろうか。
    ラストの主人公と親友が去っていく場面の背中が哀愁漂ってて、なんか青春っていいなと
    思いましたよ。

    セス・ローゲンの出演映画に偏りがあっていいですね。

    • 女子が見たらさすがに引くよね。
      最後の方ゲイ的な方向で落とすのかと思いきや、
      そうでもないとこが、ちょっとモヤモヤ。
      親友から彼女へ興味が移るくだりは確かに良かった。

      セス•ローゲン好きとなった今なら、グリーン•ホーネットもまた違う印象かも。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: