蜘蛛巣城

監督 黒澤明
出演 三船敏郎
   山田五十鈴
   千秋実
公開 1957年

シェイクスピアのマクベスを時代劇にした作品。

武時(三船敏郎)が、森で会ったババァに予言された通りに城の主になり、

その後悲劇に見舞われるというお話。

能を取り入れた実験的な作風、情けない三船敏郎など、

今まで僕が見てきた黒澤映画に無い要素が沢山あって楽しめました。

注目はなんといってもラストの武時(三船敏郎)が矢で射られるシーン。

実際本物の矢を使って撮影したという何とも昭和なリアリズム演出で、

後に三船がキレて黒澤監督宅にライフルを持って乗り込んだという逸話も生まれる

鬼気迫るシーン。

ここだけでも見る価値あり。

乱も同じような感じの作品でしたが、僕は乱の方が好きでした。

★★★★☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: