Trip to Malaysia – グルメ編

マレーシアの料理は大きくマレー系、インド系、中国系に分かれるようで、

ホテルでは何故か地中海料理、インド系、フレンチ、がありました。

ホテルのレストランも悪くなかったんですが、やはり現地のものがどんなものなのかと思い、

毎日やってるナイトマーケットへ繰り出します。

ナイトマーケットは場所を変えて毎日開催されており、怪しげな雑貨から食料品の屋台が並びます。

現地価格なので、二人で500円もあればお腹いっぱい食べられます。

訪れる客層も現地の人から観光客まで様々。

何故かランカウイ島の子どもはみんな結構な値段しそうな固定自転車に乗っていたのが不思議でした。

写真はロティというインド発のパン的なもの。

これはチキンでしたが、バター風味でおやつに丁度良さそうな感じ。

国教がイスラム教だけあって、チキン、魚料理が多かったです。

野良ウシは結構見かけましたが、牛肉、豚肉料理はほとんど見なかったな。

ムスリムの旅行者が多かったんですが、やっぱりイスラム教圏の国だと旅行しやすいんでしょうね。

空港にも礼拝のための部屋があったり、女性の扱いがまるで違うことに

ちょっとしたカルチャーショックを受けましたよ。

そもそも見慣れていないと、全身黒ずくめの女性がビーチにいるだけでシュールだし、

ギョッとしてしまいます。

で、これは….なんだか忘れましたが、多分マレーシア名物のラクサという

ラーメンとウドンの中間のような、ちょっと焼きそば入ったような麺。

魚介系のダシで甘辛く、ザ・屋台といった趣のテイスト。

独特のパッキング方法です。でも屋台街ではこのパッキングがポピュラーで、

みんなこのままスープやらなんやらを持ち帰ってました。

マーケットに行ったついでにローカルのスーパーにも立ち寄ったんですが、

とにかくスパイス類が安い!

我が家は奥様がカレーにホールスパイスを使うので大量に買い込みましたが、

日本で買う10分の1くらいの値段になるのはどういうことなのか。

AJINOMOTOも売ってましたね。

他にも地元ならではの見たこと無い商品が多く並んでるし、生活感も垣間見れて

旅行中のスーパー調査は本当大好きです。

マレー系、華僑系、インド系が入り交じった国らしく、

料理も混沌としていて色々なテイストが楽しめました。

次回アクティビティ編に続く….。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: