わらの犬

監督 ロッド・ルーリー
出演 ジェームス・マースデン
   ケイト・ボスワース
公開 2011年

本当はサム・ペキンパー版のオリジナルが見たかったんですが、

廃盤なのかなんなのかレンタルでも見つからなかったので、2011年のリメイク版を見る。

都会に住む夫婦が、奥さんの田舎に行って酷い目に合って、次第に暴力の渦に巻き込まれるというお話。

どうも各所のレビューを見てると、オリジナルと比べて非常に出来が悪いらしいですが、

主演のX-MENのサイクロプス、ジェームズ・マースデンはナカナカ良かったし、

数々のギミックを使ったバイオレンス描写とか、アメリカ南部の村社会的な陰湿な感じなんかは

テキサス・チェーンソーに近いものあって、それなりに楽しめました。

まぁ、でも酷い映画と言えば酷い映画なので、これに懲りてオリジナルは見ない、

なんてことがないようにはしたいものです。

どうもタイトルの解釈自体、老子の引用からちょっと変わった解釈になってるっぽいし。

★★★☆☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: