千年女優

監督 今敏
出演(声) 荘司美代子
    小山茉美
    折笠富美子
公開 2002年

N橋さんから借りて見た映画。

女優、藤原千代子の生涯を、映画を通して、過去、現在、未来と交錯しながら描き出した作品。

パプリカでもそうでしたが、今敏特有の虚構と現実が入り乱れる演出が炸裂しており、

音楽と相まって、テンポ良くくるくると話が進みます。

黒澤映画、蜘蛛巣城に出てきたババァが出演してたところもグッと来ました。

ずっと一途な純愛の話で、主人公の女優も可愛いなぁと思っていただけに、

最後の台詞にはギョッとして思わず声が出てしまいましたが、

あれも人によって感じ方が違うようで。

ともすればただの昔話になってしまうような話を

アニメーションならではの手法で瑞々しく描き出した本作は素晴らしい作品だと思います。

★★★★と半分

Advertisements

4 thoughts on “千年女優

    • ダークナイトは色々雑なとこあったんだよね。
      全体的に鬱屈した感じだし。

      千年女優は最後のパンチラインで全部持ってったね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: