おおかみこどもの雨と雪

監督 細田守
出演 宮崎あおい
   大沢たかお
公開 2012年

先週見て書けていなかったので。

そこかしこで宣伝しているのであらすじはいいとして、グッときたポイントは日常の描き方。

おおかみおとこ、おおかみこどもが出てきますが、とくに”おおかみ”である必要も無く、

誰にでも覚えのある(特にこどものいる人は)、とても共感できる映画だと思いました。

パッと見はなんてことないシーンでも、草木の動き、音楽、風景描写が絶妙で、

とても静かな演出なんだけど、実は情報量が結構多くて、なんでか分からないけど

映画の4分の1くらいは泣いてしまいました。僕は特に前半が良かったですねー。

思い返して考えるとあのシーンの演出があんな感じだったから感動したのか! ってなるんですが、

見ている時は意識せず、ただ感動。

音楽もすごくいいなぁと思っていたら高木正勝さんがやってましたね。

映画音楽向きだなぁとは思っていましたが、ここまでちゃんとハマるとは。

巨匠になっていってもらいたいものです。

結構好き嫌いが分かれるようですが、僕は数年後にまた見たいと思う映画でした。

そして毎回思いますが、細田守作品はトレーラーを見ても全く良さが伝わらなくて、

本編を見て初めて良さが分かるっていうのが毎度のパターンですが、今回もそうでした。

この辺りも細田作品の特徴の一つではないか、と思っています。

★★★★★

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: