ヴァルハラ・ライジング

監督 ニコラス・ウィンディング・レフン
出演 マッツ・ミケルセン
公開 2009年

ドライブを見てから、すごく気になっていたニコラス・ウィンディング・レフン作品。

主演は007でヴィランを演じたマッツ・ミケルセン。ル・シッフルです。

日本ではドライブとほぼ同時期に公開していましたが、タイミングが合わずDVDで鑑賞。

野蛮な民族の奴隷になっている、ワン・アイと呼ばれる超絶強い戦士が旅にでる話、

なんですが、まぁ難解な映画でした。

キューブリック的とも評されるニコラス・ウィンディング・レフンなので、映像は綺麗だし、

色彩のコントラストも面白いんですが、後半に近づくに従って閉塞感がどんどん濃くなっていくという

通常の映画では考えられない展開に。

物語前半の戦闘シーンはグロさも相まってフレッシュな感じで、マッツ・ミケルセンとは思えない

荒々しくもクールな超人ぶりが楽しいんですけどね…。

とにかく難解なんですよね….。

ヴァルハラが戦死者の館で、なんかキリスト教的なものとの戦いなのであろうなぁ、

というところはなんとなく理解できるんだけど….。

誰か解説プリーズ…。

★★★☆☆

…..と、この記事を書いていたら、

なんと!

ブルーレイを輸入しようかどうか、ずーーーーと迷っていたところに!

やっと日本版ブロンソンが発売キタコレ!!

早速予約完了!!

でもまた難解だったらどうしよう….。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: