Until the Quiet Comes / Flying Lotus

Flying Lotusの4枚目。

前作Cosmogrammaほど革新的なビートから一転、アンビエント色が強くなった印象で、

プログレというかミニマルテクノというか、アルバムで聴くことに意味がある一枚。

サン・ラの向かっていった宇宙観とはまた違った方向の宇宙に向かっているFlying Lotusさんですが、

トム・ヨークとかエリカ・バドゥを入れることで、かろうじて地面から足を離さない

絶妙なオーガニック感が残っています。

アルバム一枚で一貫した世界観があるということは、それだけ展開が乏しいということもあり、

飽きやすいという一面もありますが、これからの秋の夜長に聴く音楽としては

サイコーじゃないでしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: