American Psycho

監督 メアリー・ハロン
出演 クリスチャン・ベール
ウィリアム・デフォー
公開 2000年

再見。
前に見た時はそんなに気にならなかったけど、

クリスチャン・ベールの狂った演技がもの凄いことになってます。

というのもクリスチャン・ベールといえばダーク・ナイト、T4、リベリオンなんかの

感情の無いヒーローみたいな印象が強かったので、こんな顔されると…。

かなりのハマリ役ではあります。

内容的には物質主義、ひいては80年代的な資本主義社会への批判なんだけど、

今の若い世代にはもしかして理解不能な感覚なのかとも感じます。

オジさんは名刺バトルのシークエンスが大好きです。

村上龍のテニスボーイの憂鬱とテーマは同じだと思うんだけど、どっちも秀逸。

★★★★☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: